読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハトだって空を飛ぶ

ログです。よろしくおねがいします。

風邪と葛根湯

せき、くしゃみ、鼻水、喉の痛み。典型的な風邪だ。いつも風邪の始まりくらいならユンケルでも飲んでしこたま寝ればどうにかなってるけど、今回はちょっとダメだったらしい。病院へ行くことにした。

ここ最近の気温変化に体が追い付けなかったのが原因としたいけど、体調管理ができない方が悪い。お薬手帳を見返してみると、だいたいこの時期になると何らかの抗生物質ムコダイン、何らかの抗ヒスタミン薬、何らかの解熱鎮痛薬を摂っていると分かる。後は年末ぐらいに運が悪ければリレンザタミフルを飲む*1ことになっている。分かってて繰り返すのはバカだ。別に虚弱体質って訳でもない。

【第2類医薬品】葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 30包

【第2類医薬品】葛根湯エキス顆粒Sクラシエ 30包

 

さて記事タイトルになっている風邪と葛根湯だけど、今回は病院にかかる前に葛根湯を試してみた。結論から言うと確かに効いただろうけど風邪は治らなかった。

葛根湯の処方が記載された傷寒論には適応について

太陽病、項背強几几、無汗、悪風、葛根湯主之

と書かれている。

ぱっと見て意味が分からないが、これを書き下すと

太陽病、項背こうはい強ばること几几しゅしゅ、汗無く、悪風おふうするは、葛根湯これをつかさど

となる。

要するに

うなじから背中にかけて強ばっていて、汗をかいてなくて、寒気がする太陽病なら葛根湯の適応である

ということだ。

今回の風邪は寒気がなく、汗こそ出ていなかったが暑さを感じていた。だから体を温め血行を良くして治す葛根湯で治らなかったのだと考えている。ただし葛根湯を飲んだ後で汗はかなり出たから効いたことは分かった。

こんな葛根湯だが、「項背強几几」ということで長時間パソコン画面と向き合った時に起きるような首から腰にかけての凝りを取り除く目的にも使える。血行促進作用と鎮痛作用によるものだろう。お試しあれ。

*1:リレンザは吸う

広告を非表示にする