読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハトだって空を飛ぶ

ログです。よろしくおねがいします。

フライドチキン・コピーキャット1.0を作ろう

某所のフライドチキンが食べたい。1ピース250円。微妙だ。家で作ったりしたら安くならないだろうか。

作ってみよう。しかしあの独特な味を持つ衣のレシピは極秘だと聞く。簡単に見つかりはしないだろう。

www.food.com

www.theguardian.com

11 Spices – Mix With 2 Cups White Fl.

  • 2/3 Ts*1 Salt
  • 1/2 Ts Thyme
  • 1/2 Ts Basil
  • 1/3 Ts Oregano
  • 1 Ts Celery Salt
  • 1 Ts Black Pepper
  • 1 Ts Dried Mustard
  • 4 Ts Paprika
  • 2 Ts Garlic Salt
  • 1 Ts Ground Ginger
  • 3 Ts White Pepper

KFC Original Recipe - Wikipedia, the free encyclopedia

 

あった。やはり考える事は同じらしい。英語版ウィキペディアに載っていたレシピを参考にしてフライドチキンを作ろうと思う。先ずは日本語に訳そう。

 

  • 塩 2/3
  • タイム 1/2
  • バジル 1/2
  • オレガノ 1/3
  • セロリソルト 1
  • 黒こしょう 1
  • 粉マスタード 1
  • 粉パプリカ 4
  • ガーリックソルト 2
  • 粉ショウガ 1
  • 白こしょう 3

 

f:id:hydroxy:20161010210954j:plain

セロリソルトや粉ショウガなんて初めて聞いた。しかしAmazonで買えるのだから素晴らしい時代である。簡単に用意できた。ただし粉マスタードは粉からしで代用した。

色々と考えた結果、鶏モモ肉を使って唐揚げと同じように作る事にした。小麦粉に上記のスパイス類と米粉を混ぜる。米粉を混ぜたのは、そうするとサクサクでボリューミーな唐揚げに仕上がるからだ。

スパイスの量は上記レシピを参考にはしたものの、厳密に計量せず何となくで加えた。味は量ではなく比で決まる。

f:id:hydroxy:20161010211017j:plain

調合した唐揚げミックスを水で溶いて小さめに切った鶏モモに和え、170℃ぐらいで揚げていく。普通に唐揚げを揚げるような要領でいい。小さめに切ったので火の通りは早く、サッと揚げて終わりだ。二度揚げをするつもりだったが、面倒臭くなったので一度だけにした。

f:id:hydroxy:20161010211029j:plain

できた。味としては薄味の唐揚げを作ってしまった。そしてほんのりとしたスパイスの風味が後から来る。調合している時の匂いの強さを怖がってスパイスを少なくしたのが敗因だろう。レシピでは2カップの揚げ粉に大さじ単位でスパイスを加えている。次はもっと強くスパイスを感じられるように加えるつもりだ。

例のフライドチキンを作るという目標は達成できなかったが、風味の方向性は間違っていないと感じられた。ゲップをしたときなどに妙な満足感を感じられる。見当違いではなかっただけ収穫としたい。

味全体の弱さについてはグルタミン酸ナトリウム、つまり味の素を加えても良かったかもしれない。グルタミン酸ナトリウム加えているコピーキャットレシピもある。

また、他のコピーキャットレシピではマジョラムやオニオンソルト、セージ、ナツメグなどを加えている場合がある。他のスパイスも考慮して、次回の改善に繋げていきたい。

しかしこの調子だとむやみやたらにスパイスやハーブが増えていきそうである。勘弁して欲しい。

マスコット セロリソルト 50g

マスコット セロリソルト 50g

 
マスコット ガーリックソルト 60g

マスコット ガーリックソルト 60g

 

*1:Tsはtablespoonsの事で大さじを指す。