読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハトだって空を飛ぶ

ログです。よろしくおねがいします。

Porter Robinson & Madeon - Shelter

音楽

Porter Robinsonはアメリカの若きDJだ。彼は日本文化が好きだそうで、作曲のきっかけはDDRらしく、日本のアニメを見ているともTwitterで書いている。

ShelterはPorter RobinsonとMadeonの合作で、先にMadeonが公開していた。若い二人のコラボで素晴らしいと思った。もうとっくに組んでそうだと思ったが、これが始めてのようだ。

曲自体は落ち着いた感じでTropicalさを感じられる。加工されたボーカルもある。個人的には好きだ。

そしてShelterのMVがPorter Robinsonから公開された。

 


Porter Robinson & Madeon - Shelter (Official Video) (Short Film with A-1 Pictures & Crunchyroll)

 

驚いたことにアニメだ。しかも日本語。外国人のエセ日本語ではなく、日本人の声優のちゃんとした日本語である。アニメ制作も日本のようだ。凄いと思った。

ちゃんとPorter Robinson原案のストーリーもあるようで、動画の概要欄にある。

 

Shelter tells the story of Rin, a 17-year-old girl who lives her life inside of a futuristic simulation completely by herself in infinite, beautiful loneliness. Each day, Rin awakens in virtual reality and uses a tablet which controls the simulation to create a new, different, beautiful world for herself. Until one day, everything changes, and Rin comes to learn the true origins behind her life inside a simulation.

 

拙い英語だけどちょっと和訳してみよう。

 

「シェルター」は未来的なシミュレーションの中に完全にたった一人で終わらない、だけどすてきな孤独に暮らす17歳の少女、凜の物語である。日ごとに凜はバーチュアルリアリティの中で目覚めてはシミュレーションを操作するタブレットで自分自身のために新しくて美しい別の世界を作り上げる。ある日、凜が仮想世界に秘められた真実に触れ、何もかも変わってしまうまでは――。

 

こんな感じだろうか。なるほど、なるほど。

何のことかさっぱりだとしても、MVを見ればすぐに理解できると思う。特に察しのいいオタクならすぐに分かるだろう。

ついでに歌詞も訳してみよう。拙い英語で。

 

i could never find the right way to tell you

have you noticed i've been gone?

cause i left behind the home that you made me

but i will carry it along

 

mm it's a long way forward

so trust in me

i'll give them shelter like you've done for me

and i know i'm not alone

you'll be watching over us

until you're gone

 

when i'm older i'll be silent beside you

I know that words are not enough

and they won't need to know our names or our faces

but they will carry on for us

結局ちゃんと貴方に伝えられなくて

いなくなった事には気がついた?

だって私はここに取り残されてしまったから

だけど、私はなんとかやっていくよ

 

えっと、長い道のりになりそう

だから私を信じて

貴方が私にしたみたいに私も誰かを守ろうと思うの

私は独りぼっちじゃない

消えちゃうまでは貴方が見守ってくれてるから

 

時間が来たら、静かに貴方の元に行くでしょう

言葉じゃ言い尽くせないことは知ってる

誰も私たちの顔や名前を覚えてなくたっていい

ただ、あの人達が救われれば

 

なんか円環の理を感じられる。気のせいだろうか。